入院慰謝料

Pocket

あなたが交通事故被害に遭ってしまい、入通院しなければいけなくなったとき、あなたは加害者に対して傷害(入通院)慰謝料を請求することができます。これは前述した積極損害に含まれますね。また、あなたが入通院することによって生じる損害、例えば仕事の進行が不可能になることによる不利益もまた加害者により賠償されます。これは消極損害に含まれる逸失利益というものなのですが、これについては後述します。

さて、この入通院慰謝料の金額の基準ですが他の損害賠償と同様に、保険会社との交渉段階、裁判によって算定基準が異なります。最も金額が大きくなるものは裁判基準ですが、では、実際に裁判ではどのように入通院慰謝料を定めているのでしょうか。入通院慰謝料の基準とは、通称赤い本と呼ばれる「民事交通事故訴訟損害賠償算定基準」に記載されている「入通院慰謝料の算定表」の基準のことです。これを実際の裁判においても非常に重要視されており、裁判において強い影響力を持っています。これを参考にするときは、通院と入院の日数ごとに分けられた金額表を参照します。また、むち打ち症で他覚症状の無い場合には、通院期間が長くなるため、別の表を参照します。