逸失利益

Pocket

突然ですが、皆様は日々をどのようにお過ごしでしょうか。社会にとって有益になるようなことを日々行っていますか?たまには何もしない日というのを満喫されることもあるかと思います。しかし、割合にして表すとその多くが社会のために日々を費やしているのでは無いでしょうか。そんなあなたの日常がもしも突然何らかの要因で壊されてしまったとき、いったいどうすれば良いのでしょうか。その対策を知らずに泣き寝入りしてしまうというのは、あまりにも残酷なことです。今回はあなたが短期間または長期間にわたりこれまでと同じように日常を送れなくなってしまった場合に生じる社会的な不利益について紹介します。

仮にあなたが事故被害者となり大けがを負い、入院を余儀なくされたとき、あなたが事故直前まで行っていたこともしくは、その後の予定はいったいどうなってしまうのでしょうか。その事故によりあなたや、あなたの周りの予定が狂わされたときその責任はあなたにはありません。事故加害者による被害者への損害賠償の中には逸失利益というものがあります。これは、その加害行為が無ければ得られたはずの利益や収入のことです。加害者にはこれを賠償する責務があり、あなたが後遺症を患って生涯それまで働いていた職場に復帰できなくなったとき、それも損害として認められます。

この知識を知っているのといないのとではもしも事故に遭ってしまったときに支払われる賠償額に大きな差ができてしまいます。是非、逸失利益を知識として知っておいてください。